小面とバラ 小面 小牛尉 孫次郎 小豆武悪 蝉丸 獅子口 万媚 般若 小面

能の雅」と、そこで掛けられる「面(おもて)の幽玄」に惹かれて、
(みやび)を(ほ)ってみたくなり、面打ちを始めました。

能で掛けられる『(おもて)』は演技の進行と共に、喜び・悲しみ
・怒り・憎悪・嫉妬などのさまざまな感情の変化をみせます。
全体的には “中間表情(=無表情)” に近い相貌(そうぼう)から、
人の顔の中で動きのある部位、 “ 目 と 唇 ” の作りが最も大事な
要素になっているように思われます。
更には、面の作りによる表情表現に加え“ 彩色 ”による幽玄な味、
それは、雅勒にとって永遠の課題とも言えるかもしれません。

このホームページで、雅勒が今までに作成した能面・狂言面と、
庵の庭に咲く四季の花木や野鳥・蝶等が集う自然を堪能して下さい。




庵の彩り 鳶(とび)


  

世阿弥のことばに 『花を知る』 という言葉があります。

花というものはどんな草木にも咲いているものではなく、四季の中で
それぞれ咲くべき季節に咲き、人々はその花を珍しく感じるからこそ
賞翫(しょうがん)するのだそうです。

寄り道して、四季の花と庵に集うものたちに心を奪われてみませんか。



四季の庭

庵の香り

庵の集い
季節のカット

 
【 更 新 履 歴 】
リ ン ク の 頁

ご意見・ご感想
 ( 掲 示 板 )
雅勒 への メール


Copyright (C) Kaiho Garoku

inserted by FC2 system